バックナンバー

  • 2018/09/03 (Mon) 09:00
    『人財』戦略!!メールマガジン 9月号
  • 2018/08/01 (Wed) 09:20
    『人財』戦略!!メールマガジン 8月号
  • 2018/07/02 (Mon) 09:00
    『人財』戦略!!メールマガジン 7月号
  • 2018/06/01 (Fri) 14:52
    『人財』戦略!!メールマガジン 6月号
  • 2018/05/01 (Tue) 09:00
    『人財』戦略!!メールマガジン 5月号
  • 2018/04/02 (Mon) 09:05
    『人財』戦略!!メールマガジン 4月号
  • 2018/03/01 (Thu) 09:00
    『人財』戦略!!メールマガジン 3月号
  • 2018/02/01 (Thu) 10:20
    『人財』戦略!!メールマガジン 2月号
  • 2018/01/01 (Mon) 09:00
    『人財』戦略!!メールマガジン 1月号
  • 2017/12/01 (Fri) 09:00
    『人財』戦略!!メールマガジン 12月号
  • 2017/11/02 (Thu) 15:02
    『人財』戦略!!メールマガジン 11月号
  • 2017/10/02 (Mon) 13:00
    『人財』戦略!!メールマガジン 10月号
  • 2017/09/01 (Fri) 10:10
    『人財』戦略!!メールマガジン 9月号
  • 2017/08/01 (Tue) 09:00
    『人財』戦略!!メールマガジン 8月号
  • 2017/07/03 (Mon) 09:00
    『人財』戦略!!メールマガジン 7月号
  • 2017/06/01 (Thu) 11:00
    『人財』戦略!!メールマガジン 6月号
  • 2017/05/01 (Mon) 09:30
    『人財』戦略!!メールマガジン 5月号
  • 2017/04/03 (Mon) 12:10
    『人財』戦略!!メールマガジン 4月号
  • 2017/03/01 (Wed) 09:05
    『人財』戦略!!メールマガジン 2月号
  • 2017/02/01 (Wed) 09:00
    『人財』戦略!!メールマガジン 2月号
  • 2017/01/01 (Sun) 09:00
    『人財』戦略!!メールマガジン 1月号
  • 2016/12/01 (Thu) 14:02
    『人財』戦略!!メールマガジン 12月号
  • 2016/11/01 (Tue) 14:40
    『人財』戦略!!メールマガジン 11月号
  • 2016/10/01 (Sat) 09:15
    『人財』戦略!!メールマガジン 10月号
  • 2016/09/01 (Thu) 09:00
    『人財』戦略!!メールマガジン 9月号
  • 2016/08/01 (Mon) 09:25
    『人財』戦略!!メールマガジン 8月号
  • 2016/07/01 (Fri) 09:40
    『人財』戦略!!メールマガジン 7月号
  • 2016/06/01 (Wed) 09:00
    『人財』戦略!!メールマガジン 6月号
  • 2016/05/01 (Sun) 09:00
    『人財』戦略!!メールマガジン 5月号
  • 2016/04/01 (Fri) 09:15
    『人財』戦略!!メールマガジン 4月号
  • 2016/03/01 (Tue) 13:35
    『人財』戦略!!メールマガジン 3月号
  • 2016/02/01 (Mon) 09:15
    『人財』戦略!!メールマガジン 2月号
  • 2016/01/01 (Fri) 09:00
    『人財』戦略!!メールマガジン 1月号
  • 2015/12/02 (Wed) 10:40
    『人財』戦略!!メールマガジン 12月号
  • 2015/11/04 (Wed) 11:40
    『人財』戦略!!メールマガジン 11月号
  • 2015/10/02 (Fri) 09:05
    『人財』戦略!!メールマガジン 10月号
  • 2015/09/01 (Tue) 09:00
    『人財』戦略!!メールマガジン 9月号
  • 2015/08/03 (Mon) 09:05
    『人財』戦略!!メールマガジン 8月号
  • 2015/07/01 (Wed) 13:15
    『人財』戦略!!メールマガジン 7月号
  • 2015/06/01 (Mon) 10:30
    『人財』戦略!!メールマガジン 6月号
  • 2015/05/01 (Fri) 10:00
    『人財』戦略!!メールマガジン 5月号
  • 2015/04/01 (Wed) 09:30
    『人財』戦略!!メールマガジン 4月号
  • 2015/03/02 (Mon) 09:30
    『人財』戦略!!メールマガジン 3月号
  • 2015/02/02 (Mon) 09:00
    『人財』戦略!!メールマガジン 2月号
  • 2015/01/01 (Thu) 09:00
    『人財』戦略!!メールマガジン 1月号
  • 2014/12/01 (Mon) 09:40
    『人財』戦略!!メールマガジン 12月号
  • 2014/11/04 (Tue) 09:30
    『人財』戦略!!メールマガジン 11月号
  • 2014/10/01 (Wed) 09:45
    『人財』戦略!!メールマガジン 10月号
  • 2014/09/01 (Mon) 09:20
    『人財』戦略!!メールマガジン 9月号
  • 2014/08/01 (Fri) 11:00
    『人財』戦略!!メールマガジン 8月号
  • 2014/07/01 (Tue) 14:10
    『人財』戦略!!メールマガジン 7月号

『人財』戦略!!メールマガジン 9月号

2018/09/03 (Mon) 09:00
諸江経営労務事務所 『人財』戦略!!メールマガジン
人事・労務などお役立ち情報満載



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

       『人財』戦略!!メールマガジン 2018年9月号

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


  こちらのメールマガジンは、セミナー等で名刺交換させて頂いた方、

         就業規則無料診断等のお問い合わせを

          頂いた方へお送りしております。


        9月は本格的な台風シーズン到来ですね。

      自然災害の中でも台風は予測しやすい災害の一つ。
   
     日本人は真面目なので遅刻しないように頑張りますが、

     それが災いすることも。。。会社として事前に対処方法
     
            周知しておくと良いですね。

     
              



   *・。*・。*。*・。*
   労務アラカルト
   *・。*・。*・。*。*

          
╋╋・‥…日常のなぜ?どうして?にお答えします …‥・╋╋


 Q. 直行直帰と労働時間について教えて下さい。

A. 直行及び直帰は、言い換えると「通常と異なる勤務場所と
    住居の往復」と言うことになります。直行のときは訪問先に
    到着する前の時間、直帰の時は訪問先で業務が終了した時間の
    後の時間は、通勤時間であり、労働時間に該当しないことに
    なります。
     
     以上のことから、20時に訪問先で業務終了して直帰すれば、
    終業時刻は20時です。いったん会社に戻って日報を作成してから
    21時に帰宅する場合は、21時となります。直行の場合は、原則
    として訪問先に到着した時刻が始業時刻となります。ただし、
    その時間が9時(所定始業時刻)より後の時間である場合は、
    原則として9時が始業時刻となります。直行が認められている
    以上、本来の始業時刻に対して遅刻した取扱いとするのは不合
    理だからです。



    労働時間とは、労働者が使用者の指揮命令下に置かれている時間
    のことをいいます。しかし、このような定義のみでは、具体的な
    事例において、労働時間にあたるか否かを判断することが難しく
    判例でも、使用者による拘束の程度や具体的な活動内容を総合的
    に考慮し、使用者の指揮命令下に置かれていると評価できるか否
    かの観点か、実質的に判断しています。
     直行・直帰とは、一旦会社に出勤し、そこから使用者の業務命
    令により作業現場や得意先などの目的地に移動すべきところを、
    会社を経由することによる無駄を省くため、直接自宅から目的地
    に移動し、また、目的地から直接自宅に移動することを言います。

     実際の労務提供は目的地で開始されるものであり、目的地まで
    の移動は準備行為と解することができること、労働者は移動時間
    の過ごし方を自由に決めることができることから、使用者の指揮
    命令が全く及んでいない状態にあるため、原則として労働時間制
    は認められません。


 

  ★:*:☆‥…
    attention
   ・‥…━━☆・‥…☆

      ☆☆☆   残業に初の上限規制!!  ☆☆☆ 
          

    
    大企業は、来年4月より残業時間の上限規制が導入される。これは
   日本の労働法制で初めてとなる。

    今までの労働時間は、「原則1日8時間、週40時間」と決まっており、
   労使で協定を結べば、残業時間の上限は無制限に設定できる状態であ
   る。つまり、残業時間は事実上、青天井という訳だ。今回の法整備に
   より、改正労働基準法が定める残業の上限は「原則月45時間、年360時
   間」になる。
    特別な事情がある場合でも「年720時間、2~6ヵ月平均で80時間以内、
   単月で100時間未満」に抑える。
    月45時間を超えて良いのは年6回までだ。繁忙期であっても2ヵ月連続
   で90時間は残業できないことになる。
    月50時間の残業を1年続けるような働き方も禁止となる。
    この法律に違反すると企業に罰則も課せられる。
    法令順守の為、従業員を増やしたり、省力化に向け投資しなければな
   らない企業も出てくるだろう。

    制度が適用されるのは大企業は来年4月、中小企業は少し猶予が設
   けられており、2020年4月からである。
    その他、自動車運転業務や建設、医師には2024年から適用とされてい
   る。また、新商品などの開発職に関しては適用除外とされている。
    今後早急な対応が迫られるだろう。

 
  

☆★☆*…*
   commodity(商品)  
*☆*:;;;:*☆**☆*:;;;:*☆*


         キャリアアップ助成金のご提案!!
  
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といった、いわゆる非正規雇
用の労働者(正社員待遇を受けていない無期雇用労働者を含む。)の企業
内でのキャリアアップ等を促進するため、これらの取組を実施した事業主
に対して助成する制度です。

従業員の意欲、能力の向上や事業の生産性を高めるなど、優秀な人材を確
保するために助成金制度をご活用ください。

 
キャリアアップ助成金には8つのコースがあります。

1.正社員化コース
2.人材育成コース
3.賃金規程等改定コース
4.健康診断制度コース
5.賃金規程等共通化コース
6.諸手当制度共通化コース
7.選択的適用拡大導入時処遇改善コース
8.短時間労働者労働時間延長コース
 
「正社員化コース」について、
有期契約労働者の正規雇用等への転換、または派遣労働者の直接雇用化を
行う事業主に対して助成するものであり、有期契約労働者等の、より安定
度の高い雇用形態への転換を通じたキャリアアップを目的としています。
雇用されていた通算雇用期間が6か月以上の「有期契約労働者」「無期雇
用労働者」「派遣労働者」等の非正規雇用者が対象です。

平成29年4月1日より生産性の向上が認められる場合の額が新たに
設けられました。

受給額
有期労働から正規雇用への転換等 1人当たり 57万円(72万円)
有期労働から無期雇用への転換等 1人当たり 28.5万円(36万円)
無期労働から正規雇用への転換等 1人当たり 28.5万円(36万円)
  ※( )内は生産性の向上が認められる場合。

キャリアアップ助成金、受給までの流れ
キャリアアップ計画の作成・提出 ⇒ 転換 ⇒ 支給申請
(転換をする1か月前までに)     (転換後6か月後から2か月)

事前に計画の提出や就業規則の見直しが必要です。
 
計画の記載方法、就業規則の作成・提出、
 キャリアアップ助成金の支給申請手続等
   諸江経営労務事務所にご相談ください。

 



*・。*・。
   暑さ
:*~*:,_,:*~*

  今年の夏は本当に暑かったですね。
 
  日本だけでなく、世界各地で過去最高気温を観測
  
  していました。去年は日照不足で経済効果が落ち
 
  る話題をしましたが、逆に猛暑だとやはり経済効

  果あがるそうですよ。

  電気代、飲料、対策グッズ等が売れることが原因。

  個人的には暑い夏は好きですが、さすがに地球温

  暖化を考えると将来が不安になりますね。
 
  かと言って何も出来ないのですが。。($・・)/~~~


            (記:高橋)
   



★本メールマガジンの解除はこちらから
 https://a.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=4166roro4122


■ 諸江経営労務事務所
■■ 〒197-0023 東京都福生市志茂108-2
■■◆ TEL:042-553-4166 FAX:042-553-4122
■■■■ MAIL:moroemlc@sea.plala.or.jp
■■■■ HP:http://www.moroemlc.jp